私たちは、患者様が考える
“理想の治療”を
実現できるよう努力します

痛くない治療、歯をできるだけ残すための治療、細かな要望も聞いてもらえる治療、できるだけ費用を抑えられる治療……。
これらは誰もが望んでいる理想の治療ではないでしょうか。
私たち医療人は、この理想に近づける治療ができるように日々努力をしています。
ここでは、お悩みも多い虫歯の治療方法・方針と入れ歯についてご説明をいたします。

虫歯の治療について

まず一番大切なことは、虫歯にならないことです。
そもそも虫歯とは、口の中のミュータンス菌が糖分を栄養にして作り出した酸により、歯の表面が溶け、穴があくことが原因でできてしまいます。つまり、虫歯にならないためには細菌を取り除くことが大切なのです。そのために必要になってくるのが、普段のブラッシングと定期的なクリーニング。
当クリニックでは、カウンセリング時にブラッシングとクリーニングの重要性についてご説明をしています。理解をしていただかないと、繰り返し虫歯になってしまいますから、スタッフ全員がきちんと説明できるよう十分な知識を持っています。

患者様の負担を少なくするため、
無痛治療を心がけています。

虫歯ができると、削って詰めものをしなければなりません。歯科治療に関して「怖い」「痛い」とお思いの方にとっては精神的につらいことかもしれませんが、当クリニックでは痛みを与えない無痛治療を心がけています。例えば、痛みの感覚を和らげるため、麻酔注射をする前には必ず表面麻酔を行うことも効果があると考えられます。痛みの感覚には個人差がありますので、全ての方がまったく痛みを感じない治療をすることは非常に難しいことです。ですが、少しでもマイナスなイメージを払拭できるよう心掛けています。

根管治療

当院の根管治療では、重度の虫歯でも、歯の「根管」を治療することで、歯を抜かずに治療することが可能です。根管とは、歯の根の中にある、神経や血管など(歯髄)が通っている管のことです。根管治療では、傷んだ歯髄を取り除き、根管を消毒して治療します。
根管治療の一番のメリットは、抜歯をせずに歯の痛みを解消できる点です。歯の根元まで進行した虫歯は抜歯するのがリスクが上がります。しかし、一度抜いてしまった歯は、二度と生え変わることはありません。根元だけでも残しておくことができれば、歯の寿命を延ばすことができるのです。
当院では最新の治療設備を兼ね備え、技術の高い歯科医師が在籍しておりますので、保険適用内での根管治療でも、治療後、再感染のリスクを最小限にすることができます。

また保険適用外の治療も選択することができます。自費治療では症状に合わせて最新の治療薬剤を選択できるため、より成功率が高い最善の治療を行うことができます。
にしの歯科クリニックでは、根管治療にかかるメリットとデメリットをきちんと説明し、患者様にご納得いただいた上で治療を行っております。
また患者様の意思を第一に治療をいたしますのでご安心ください。

むし歯の進行段階とその治療方法

進行段階
症状と治療法

むし歯の初期段階にあたります。歯の表面からミネラルが溶け出し、少し白く濁る状態になります。
まだ治療をしなくてもいい段階ですが、日々の正しいブラッシングやお手入れで自然に治ることが可能です。
また当院では歯石取りやクリーニング、フッ素塗布などを定期的に行うことをおすすめしております。

歯の表面にあるエナメル質が溶け少し穴が空き始め、少し黒ずむ状態です。ほとんどの方に自覚症状はありません。
むし歯の箇所を削り、金属やレジン(歯科用プラスチック素材)などの詰め物詰めて治療を行います。

歯のエナメル質の下にある象牙質にまで、むし歯が進行した状態です。冷たい食べ物や甘い食べ物をたべるとしみや痛みを感じるようになります。
むし歯の箇所を削り、金属やレジン(歯科用プラスチック素材)などの詰め物詰めて治療を行います。

歯の象牙質のうちにある神経にまでむし歯が進行した状態で、何もしてなくてもずきずき痛みます。
むし歯に汚染された神経部分を取り除く「根管治療」を行い、被せ物(クラウン)を設置する治療を行います。

むし歯によって歯のほとんどが溶かされた状態です。神経が死に痛みがいったんなくなりますが、病巣まで進行すると激しい痛みを伴います。
またこの場合、歯根嚢胞と呼ばれる、歯の神経に膿が溜まる症状が出ることがあります。その場合は、歯根端切除術といった外科的治療を行い、 歯を元から抜歯してしまうのではなく、悪い部分だけを取り除く治療を行います。
抜歯をしてしまった場合は、インプラントやブリッジ、部分入れ歯などの治療を行います。

進行段階 症状と治療法

むし歯の初期段階にあたります。歯の表面からミネラルが溶け出し、少し白く濁る状態になります。
まだ治療をしなくてもいい段階ですが、日々の正しいブラッシングやお手入れで自然に治ることが可能です。
また当院では歯石取りやクリーニング、フッ素塗布などを定期的に行うことをおすすめしております。

歯の表面にあるエナメル質が溶け少し穴が空き始め、少し黒ずむ状態です。ほとんどの方に自覚症状はありません。
むし歯の箇所を削り、金属やレジン(歯科用プラスチック素材)などの詰め物詰めて治療を行います。

歯のエナメル質の下にある象牙質にまで、むし歯が進行した状態です。冷たい食べ物や甘い食べ物をたべるとしみや痛みを感じるようになります。
むし歯の箇所を削り、金属やレジン(歯科用プラスチック素材)などの詰め物詰めて治療を行います。

歯の象牙質のうちにある神経にまでむし歯が進行した状態で、何もしてなくてもずきずき痛みます。
むし歯に汚染された神経部分を取り除く「根管治療」を行い、被せ物(クラウン)を設置する治療を行います。

むし歯によって歯のほとんどが溶かされた状態です。神経が死に痛みがいったんなくなりますが、病巣まで進行すると激しい痛みを伴います。
またこの場合、歯根嚢胞と呼ばれる、歯の神経に膿が溜まる症状が出ることがあります。その場合は、歯根端切除術といった外科的治療を行い、 歯を元から抜歯してしまうのではなく、悪い部分だけを取り除く治療を行います。
抜歯をしてしまった場合は、インプラントやブリッジ、部分入れ歯などの治療を行います。

歯を抜歯してしまうと、全体の噛み合わせのバランスが崩れてしまうことがあります。
そうならないための最終手段が「根管治療」になります。重度のむし歯でもできるだけ抜歯をせず、歯の根元だけでも残す治療で豊かな口腔状態を保ちましょう。

入れ歯について

患者様の意見を尊重し
適切な入れ歯をご提案いたします。

当クリニックでは、方針の一つに「入れ歯は最終手段であり、一生涯自分の歯で食事をする」ことを掲げています。とはいえ、入れ歯を選択肢としてお考えの方もたくさんいらっしゃることも事実。そんな方にも寄り添い、最適な入れ歯のご提案をしています。
入れ歯と一言で言っても、多くの種類があります。健康な歯がどれくらい残っているか、材質は、価格は……など選ぶ基準はさまざま。ご提案時にはそのメリットとデメリットについてご納得いただけるまで、ご説明をいたします。

入れ歯治療料金

金属床義歯
(コバルトクロム)

金属床義歯

FD 250,000円(税別)
PD 200,000円(税別)

チタン床

チタン床

300,000円(税別)

ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ義歯

100,000円
※修理費用 10,000円

診療科目

歯周病治療

患者様の全身の健康状態を考えた治療を
行います。

歯周病治療の
詳細はこちら

小児歯科

お子様の将来の健康を見据えた治療を
行います。

小児歯科の
詳細はこちら

口腔外科

総合病院での経験を積んだ院長のもと、
治療を行います。

口腔外科の
詳細はこちら

親知らずの抜歯

1本10分で抜歯する高い技術で、
患者様の負担を軽減します。

親知らずの抜歯の
詳細はこちら

インプラント

治療の説明が入ります。治療の説明が入ります。治療の説明が入ります。

インプラントの
詳細はこちら

ホワイトニング

早い効果が期待できる
オフィスホワイトニング治療を行っています。

ホワイトニングの
詳細はこちら

矯正歯科

矯正歯科専門医が見た目だけでなく、
歯の健康を考えた矯正治療を行います。

矯正歯科の
詳細はこちら

審美治療

自然な仕上がりで美しく
治療を行います。

審美治療の
詳細はこちら